改正郵政民営化法、成立 郵便はじめて資料館

改正郵政民営化法、成立

4月27日(金)、改正郵政民営化法が、参院本会議で賛成多数、可決、成立しました。

郵便局会社と郵便事業会社は今年10月にも合併しますが、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の金融2社がグループにとどまる余地を残し、小泉政権の完全民営化路線は修正されることになりました。

凍結されていた郵政グループ株式の売却が可能になります。
政府は、100%保有する日本郵政株を売却して、売却益を東日本大震災の復興財源に充てることにしています。




■今後の予定日程
2012年10月1日  改正民営化法施行、郵便事業会社と郵便局会社を合併し4社体制に移行
2014年以降    政府が保有する日本郵政株式の3分の2弱を売却へ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。