はじめての郵便切手は 竜 ! 郵便はじめて資料館

はじめての郵便切手は 竜 !

新郵便制度が開始された同じ年、1871年(明治4年)4月20日に日本で最初の郵便切手が発行されました。

「竜文切手」と呼ばれます。竜の図柄の手彫りで四十八文・百文・二百文・五百文の4種類の切手でした。

明治政府発行の紙幣である太政官札に使用されているのと同じ「竜」の図柄を使用し、額面には江戸時代からの貨幣単位である「文」が使われていました。このことから「竜文切手」と呼ばれています。




日本では古くからお金を払って得た権利を証明する紙片のことを、切符手形(きりふてがた)、短くして切手と呼んでいました。そこで、近代郵便制度の創始者前島密が、この言葉をあてたといわれています。

世界最初の切手は、1840年(天保11年)5月6日(発行日は5月1日、使用開始が5月6日)、イギリスで発行された1ペニー(One Penny)と2ペンス(Tow Pence)の2種類の切手です。


タグ:郵便 切手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。