お年玉付年賀葉書の誕生 郵便はじめて資料館

お年玉付年賀葉書の誕生

お年玉付き年賀葉書は、昭和24年12月1日に誕生しました。翌昭和25年用の年賀葉書として発売されました。

2円のお年玉付年賀葉書3,000万枚と1円の寄附金をつけた3円のお年玉付年賀葉書1億5,000万枚が発行されました。

郵便葉書にくじのお年玉を付け、さらに、寄附金1円は社会福祉事業に配分するという世界に類例のないこの画期的なアイデアのお年玉付年賀葉書制度を考案したのは、大阪の心斎橋で用品雑貨の会社を経営する林正治(当時42歳)さんでした。

林さんは、「終戦後、うちひしがれた状態の中で、通信が途絶えていました。年賀状が復活すればお互いの消息がわかるのにと思ったのが最初の発想です。それにクジのお年玉を付け、さらに寄附金を加えれば夢もあり、社会福祉のためにもなると考えたのです。」と、この案を考えたきっかけを「サンデー毎日」(昭和62年)の記事の中で述べています。

当時、郵政省では、疲弊して食べるものも食べられない時代にクジなんて、と時期尚早論が強かったのですが、紆余曲折を経た末に、むしろ、「このような時代だからこそ夢を与えるものが必要である。」という結論に達しました。

ここに、くじと寄付がついたお年玉付年賀葉書という、世界に類例のない画期的な制度が創設されました。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。