郵便番号制のスタート 郵便はじめて資料館

はじめての郵便番号は3桁だった!

郵便番号とは郵便物の宛て先を簡素化した番号。都道府県、市区町村の集配郵便局別に番号が割り当てられており、番号を読み取り振り分けることで効率よく郵便物を配送できる。諸外国でも独自の郵便番号制度が用いられています。

郵便事業のオートメーション化を推進するため、1968年7月1日、郵便番号が導入されました。集配事務を行う郵便局に3桁(123)または5桁(123-45)の郵便番号が導入されました。

1998年2月2日には、それまでの郵便番号の末尾に4桁または2桁を付け加えた7桁(123-4567)の郵便番号が導入され、町域(町名から"○丁目"等を取り除いた部分)や大型ビルの階層までも個別の郵便番号で指定できるようになりました。




 郵便番号を記入することで省略できるのは、都道府県 ・ 市区町村などで、町域(町名から"○丁目"等を取り除いた部分)は省略できません。

 放送局や通販会社、超大手企業の本社など、郵便物の非常に多い一部の事業所に対しては専用の郵便番号が割り振られており、専用の郵便番号が割り振られた放送局などへの郵便については、住所の記載が省略できます。専用大口郵便番号といわれます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。